New way of life

【アプリの販売代理店】店舗経営者に会う人にオススメの副業

time 2017/09/10

【アプリの販売代理店】店舗経営者に会う人にオススメの副業





ほんの20年前までお店や会社がインターネット上でホームページを持ちインターネットから物を販売したり、会社概要を載せたりすることが考えられない時代だった。

そして、誰しもがスマホを持つの時代になり、インターネットを見るのもパソコンからスマートフォンにユーザーが切り替わってきている。

ネットユーザーがパソコンからスマホに流れ始め、大企業はホームページだけではなく様々なアプリを導入している。

そのうち、個人店や中小企業でもホームページを持つように自社のアプリを当たり前のように持つ時代になるのではないだろうか。

とは言え、ホームページは簡単に出来るサービスが増えているが、アプリを簡単に作れるサービスはまだまだ少ない。またホームページもそうだが、簡単に出来るとはいえ何だかんだで時間が掛かってしまう。

そんな人にオススメなのがアプリを販売する「アプリショップ」だ。

アプリショップの機能と金額

アプリショップ

アプリショップ

アプリショップはお店の紹介、メール機能、新着情報、サービスの紹介、位置情報など基本的な機能が一通り揃っており、クーポン配信やプッシュ機能、スタンプカード機能も付いている。

本来、お客様に再来店してもらう目的で出来たポイントカード。しかし、かさばった挙句、持ってくるのを忘れてしまうという人が大半であまり機能をなしていない。いつも使うスマホでポイントが確認出来たら再来店する人も増えそうだ。

また、ネイティブアプリを使用しているので快適で安全なアプリとなっているのも特徴。

何よりもネイティブアプリのプッシュ通知は圧倒的な70%の開封率と言われており、CVRはウェブの2倍超とも言われている。

そう考えるとアプリを導入するなら断然ネイティブアプリが良いし、店舗経営者ならアプリの展開も考えるべきだろう。

金額も初期費用が5万円(税別)に、6カ月契約と12カ月契約があり、それぞれ6万円(税別)と12万円(税別)でアプリ導入を検討している人は始めやすい金額価格になっている。

アプリショップの販売代理店で副業

アプリショップ

このアプリショップは販売代理店を募集している。アプリショップを勧めて店舗が導入した場合、約30%のマージンが入ってくる。

しかも、契約した店舗から解約がない場合、半永久的に手数料が入ってくる。

最近、私の周りでも自分の会社の顧客にプラスアルファーで他社の商品を販売している人が多い。

仕事が税理士や中小企業診断士など専門職で店舗経営者の顧客を持っている人や、飲食店、居酒屋、レストラン、美容室、エステ、カラオケ店が取引先の場合は、ついでに勧めてみると全く手間もかからずに良い副業になりそうだ。

ただ、1回の契約につきいくらのマージンが入ってきてそれで終わりというわけではなく、契約した店舗から解約がないと半永久的に手数料が入ってくるということを考えると、本腰を入れてみるのも面白そうだ。






down

コメントする




Clue
不登校生と親×元不登校生とカウンセラーのマッチングサイト
元不登校生のインタビューサイトLoad