New way of life

どっちの就職先にするか迷った時の決断方法

time 2017/06/06

どっちの就職先にするか迷った時の決断方法





goma(@gomachan1210m)です。

就職や転職をする時に、A社とB社で内定をもらったけど、どっちの会社に入社しようか迷ってしまう。

そんな時、まず始めにチェックしたいのは会社の口コミサイトだ。代表的なものにエン・ジャパンが運営している「カイシャの批評」などがある。

企業によっては、こういった専門サイトだけではなく、2chなどの掲示板でも確認してみるものいいだろう。

しかし、こういった会社の口コミサイトや掲示板だけでを鵜呑みにするのは良くない。

削除されてる場合がある

以前、勤めていた会社の口コミを「カイシャ批評」で書いたことがあった。

その時、口コミを書いた会社から削除依頼がきた。事実と異なるから削除しろといった半分脅しのような内容だった。

その会社は2chでブラック企業だと叩かれていたこともあったが、スレ落ちするように社員が工作をしていたこともあった。

余念がない会社では、こういったネット上での口コミにまで気を配っている会社が多い。

よほど前職に恨みがある人以外は、削除依頼がきたら面倒なことにならないように削除をする。

そのため、ネットの口コミだけでは本当の会社の本質がわからないところがある。

人間関係が見えてこない

人の悩みの大半は人間関係だ。

しかし、会社内での人間関係は部署ひとつ違うだけでぜんぜん違うし、ましてはその時にいるメンバー1人で働きやすさは変わってくる。

残念ながら口コミではそこまで追うことが出来ないのが現状だ。

悩んでしまう時は占い

占いは色々あるが「就職・転職占いBizura」は就職や転職に特化した占いだ。

転職や就職に関しては、結局は入社してみないと誰もわからない。本当は悩んでいても仕方がないことなのだ。

ただそれを頭ではわかっているが、悩んでしまう時もある。

そんな時に占いを活用するというのも一つの手段だ。

後押しになる

どちらにしようか悩んでしまうということを突き詰めると、結局はどっちらでもいいからこそ悩んでしまうということだ。

自分に自信が持てないと自分の決断にも自信がもてないので、どういう結果であれ後押しが欲しくなる。

考えても解決できるもの問題じゃないと、理屈じゃない何かに後押しをしてもらいたくなる。そういう時に占いをすると心がスッキリする。

確信が見える

就職先をA社かB社にするか、本当は自分の心の中でわかっているが、頭の中の整理が出来ていなくて決められないパターンもある。

友人や家族に相談すると、自分が心のなかで決めていた答えと逆の提示をされると、余計に頭の中がこんがらがる可能性がある。

そういう時に就職や転職専門のプロの占いに相談したら、自分の中の明確な確信に導いてもらえる。

就職・転職占いBizura」は普通の占いとは違い、ただの相談でもただの占いでもない。

転職や就職に悩んだ人は一度利用してみる価値があるのではないだろうか。






down

コメントする




Clue
不登校生と親×元不登校生とカウンセラーのマッチングサイト
元不登校生のインタビューサイトLoad