New way of life

問題は自殺だけじゃない 電通マンに1年片思いして感じたこと【前編】

time 2016/11/17

問題は自殺だけじゃない 電通マンに1年片思いして感じたこと【前編】

ガッキーの「逃げ恥」ブームの影響からか「家事代行」で検索され、ブログを更新していないのにPV数がやや伸びているみたいです。goma(@gomachan1210m)です。



話は飛びまして、最近はずっと商品紹介ばかりしていたので、久しぶりに自分のことを書きます。

ちょっと前に電通の過労死問題が大きく話題になりました。

過労死問題ではないけど、数年前に電通という一流企業から「心の問題」について大きく考えさられる出来事がありました。

1年くらい電通マンに片思い

電通問題
もうかれこれ5年くらい前でしょうか。留学をするために長年勤めた会社を退職した時、同時に当時長く付き合っていた恋人に振られてしまいました。

会社の借り上げ社宅だったので家もなくなり、当たり前だけど辞めたので職もなくなり、一気に色んなものがなくなったので当時は相当凹みました。

すぐに留学すればよかったものの、色んな諸事情で、半年くらい日本にいることになってしまいました。そんな時に知り合ったのが電通でコピーライターをやっている彼でした。

恥ずかしながら電通が一流企業ということすら当時は知りませんでした。その人は何となく話しやすい人だなくらいの印象でした。

今思えば社交性が高い人の集まりみたいな会社の人なので、相手のコミュニケーション能力が高かったから話しやすかったのでしょう。

失恋してから、夜な夜な眠れないことが多々有り、深夜にも関わらず直ぐにメールの返信をしてくれたのが彼でした。

元々、不登校生でもあり、学校も芸術系に進んだくらいなので、人よりも感受性が強い方でしたが、失恋したショックで普段は閉じていた感受性の蓋がパッカリ開いてしまいました。

彼は毎晩病んでいる私を見放さず(逆だったら嫌気が差していたと思う)メールを返してくれました。

私が駄作の病んだ純文学の一文みたいなわけのわからんメールを送る→それに対して彼が深い名言のようなメールをくれる。

そんなやりとりを約半年間続けていくうちに、次第に彼に惹かれていくようになりました。






留学から帰国後に再会

電通問題
彼に片思いをしながらも、私は当初の予定だった語学留学に旅立ち帰国しました。

振られるのは何となくわかっていましたが、踏ん切りをつけるためにも帰国後にきちんと告白しようと思いました。

私は約半年ぶりの再会に喜びで胸を膨らませていましたが、彼の顔は留学前に会った人とは別人のように疲れきっていました。

後編に続く。






down

コメントする




Clue
不登校生と親×元不登校生とカウンセラーのマッチングサイト
元不登校生のインタビューサイトLoad