New way of life

本を読む時間がない人にオススメのオーディオブック「FeBe」

time 2017/01/10

本を読む時間がない人にオススメのオーディオブック「FeBe」





goma(@gomachan1210m)です。

本をたくさん読みたいけど、時間がなかなか作れない人にオススメなのがオーディオブック「FeBe」

通勤や通学時間がある人は本を読めるが、私は自営業になってからそれがなくなり、本を読む機会が減ってしまった。

そこで耳で聞くことが出来るオーディオブックの存在を知ったので色々試してみた。



オススメの使い方

ダイエットのお供に

ダイエットや健康づくりのために歩いたり走ったりしている人はいるだろう。私は昨年の夏頃にFeBeを聞きながらウォーキングをしていた。

結果的に4kgくらい痩せることが出来た。飽きっぽい私はただ歩くとか、ただ走るとか、ただ泳ぐとかが苦手である。

かといって、みんなで何かやるようなスポーツに参加する時間も取れなかった。

そこでFeBeを聞きながらウォーキングしてみたところ、本の先が気になるので続けることが出来た。

歩きながら聞くと、脳が活性化されて、本の内容が頭によく入ってくるような気がした。

電車の中で聴く

通勤通学がないので、あまり電車に乗ることがないが、電車の中で聴くのもオススメだ。

都心の電車だと、満員電車で、本を広げるスペースすらない場合がある。

それでも器用に本を広げて読んでいる人は、そこまでして本を読む貪欲さに関心している。

オーディオブックならそんな苦労をする必要がない。

眠る前に聴く

寝る前についスマホをいじりながらネットサーフィンをしてしまう。

しかし、スマホの液晶画面はブルーライトという非常に強力な光を放っている。

これは、太陽光を浴びている状態と同じなので、熟睡出来なくなってしまうから本来は避けたい。

寝る前に本を読むと、眠くなってきてちょうど良い。

ただ、本を読むのは当たり前だが明かりが必要になる。

明かりが必要になるということは、明かりを消さなくてはいけない。

その点、オーディオブックは明かりが必要ないので、明かりを消す一手間がなく、聞きながら寝ることが出来る。

目の記憶より耳の記憶

人は勉強をする時に、目で見て覚えるタイプ・耳で覚えるタイプ・身体感覚で覚えるタイプに分かれているらしい。

目で記憶するより、耳で記憶する方が記憶化されるとも言われている。

そう考えると受験生にもおすすめなのかもしれない。






down

コメントする




Clue
不登校生と親×元不登校生とカウンセラーのマッチングサイト
元不登校生のインタビューサイトLoad