New way of life

絵が好きだった小学校時代

time 2017/01/13

絵が好きだった小学校時代





goma(@gomachan1210m)です。

幼稚園は先生に反抗して脱走し…

■幼稚園から脱走した過去 知ってほしい「大人幼稚園児」の存在

想像力が豊か過ぎてお肉が食べれないという小学校低学年を過ごし…

■HSPだった?想像力が豊か過ぎて生き辛かった小学校低学年

そんな面倒な子どもでしたが、絵を描くのは小学校2年生くらいから好きでした。

想像力がなかった小学校2年生の担任

今でも印象に残っている先生とのやりとりがあります。

本を読んで、その世界を想像し、絵を描くという工作の授業がありました。

私は絵の中の夕焼けを塗るのに1色ではなく点描という技法で表現しました。

点描とは、線を使わず点の集まりで絵を描く技法です。

因みにゴッホとかフランスの画家スーラもこの方法で描いています。

もちろん、当時はその技法も名前も知りませんでした。

その時、私の絵を見た先生は、「夕焼けは一色でしょ?そんな色はしていない」と否定をしてきました。

「なんて、想像力のない先生だ。大人はなんてつまらないんだ」とがっかりしたのを覚えています。

その後、小学校3年生の頃に出逢った先生のお陰で、先生に対するイメージをガラリと変えることが出来ました。

■生き辛かった私に柔軟な発想をして良いということを教えてくれた先生

初恋を経験した小学校4年生

小学校4年生も、小学校3年生の頃に出逢った先生のお陰で、学校に行くのが楽しいという感覚を味わうことが出来ました。

先生という存在もやっと好きになり、放課後は友達と先生に積極的に話に行くようになりました。

絵も相変わらず好きで、美術館に行って「マリー・ローランサン」の絵を見た時に、心が動かされるような感覚に陥りました。自分でも積極的に絵を描くようになり、個展でも賞をもらったりもしました。

初恋も小学校4年生だったと思います。隣の席だった井上くんです。

井上くんは、席も出席番号も背の順の順番も一緒でした。そこから、よく話すようになり、じゃれ合いの口喧嘩をしたり、段々と仲良くなりました。

小学校4年生の後半、井上くんと仲が良かった男の子が「◯◯は河合さんのことが好きだってよ〜」というからかいから、気まずくなり話さなくなってしまい、私の初恋は終わりました(笑)

思春期に突入し、また生き辛くなってきた小学校5年生

小学校5年生になり、徐々に思春期に突入しました。段々と心に屈折した感情が芽生えてきました。

他のクラスの女の子と、仲良さそうにしている井上くんをみて、もう過去の人なんだなと実感したのを今でも覚えています(笑)

また、クラスでは暗い感じに戻っていきました。そんななか、小学校6年生で山口県から茨城県に転校するという話が親から出ました。

これは心機一転、自分を変えられるチャンスだと思い、期待と不安を胸に転校することになりました。

余談ですが、井上くんも中学校に入って不登校になってしまったみたいで、消息がわかりません。






down

コメントする




Clue
不登校生と親×元不登校生とカウンセラーのマッチングサイト
元不登校生のインタビューサイトLoad