New way of life

【寺社フェス向源】完売した「死の体験旅行」とは何だっのかをイケメン坊主に聞いた

time 2015/05/09

【寺社フェス向源】完売した「死の体験旅行」とは何だっのかをイケメン坊主に聞いた

こんにちは、意識高い系ニートのgoma(@gomachan1210m)です。

GWに寺社フェス「向源」に行ってみたのでレポートを書きます。
寺社フェスは、日本の伝統文化など個性豊かな100以上のワークショップが体験できるイベントです。
一応こちらは前職のWebライター時代に詳細を書いた記事です。






寺社フェス「向源」に行ってみた

芝公園駅から歩いて数分、晴天に恵まれてイベント日和でした。
kougen
ワークショップは予約が必要で、もう何も体験出来ないかと思っていたけど、当日予約も可能でした。
しかし人気のワークショップは、完売しているイベントが多数あったので、来年行かれる方は事前予約をオススメします。
kougen5
kougen3

お坊さんと話そう!(無料相談15分)

意識高い系ニートとしては、無料という言葉にはとりあえず喰いついておきたいので、特に何の悩みもないが体験してみることにしました。案の定、相談が特にないのでインタビューになりました。

インタビューした

kougen2
ーー何でお坊さんになろうと思ったんですか??
親戚が小さなお寺をやっていたのですが、跡継ぎがいなくてやってみることにしました。実は普段は公務員をしているのですが、週末だけお坊さんをしています。

ニート心の声(週末だけお坊さんというのは新しい働き方だ。お坊さんまでも1つの雇用に囚われずに、ホリエモン的な要素を取り入れているのか。)

ーーそこまでしてお坊さんをやっているのは何ででしょうか??やり甲斐とかを教えて頂ければと思います。
やはり、直接相手の方に感謝されるお仕事だからですね。公務員では味わうことの出来ない良さがあります。

ニート心の声(立派な方だ。醸し出しているオーラがやっぱり清らかだ。)

逆に質問された

ーー何でイベントにこられたんですか?宗教に興味があるのですか?
すみません…。宗教には全然興味がないのですが、面白そうなイベントをやっているので遊びにきました。

ーー死の体験旅行とか面白いですよね。
はい、行きたかったです。完売していたので体験出来なかったんですが、どんな内容だったんでしょうか?






イベントのメイン企画の一つ「死の体験旅行」とは?

死の体験旅行の概要は、ホームページに詳細な記載がなくどんな内容か気になっていました。イケメンのお坊さんがどんな概要か教えてくれました。

イメージング

死の体験旅行は薄暗い部屋の中でおこなわれます。付箋に「大切なもの」「大切なひと」「大切なこと」を書きます。ある日突然、自分が余命6ヶ月と宣告されます。
そして残りの命が、3ヶ月……1ヶ月……前日……という死が迫る流れの中で、徐々に付箋の数を減らしていきます。
当日には、もちろん死ぬわけですから付箋は全部なくなります。

死に対する考え方を見つめる

死に対しての考え方は宗教によって色々違います。例えば仏教では極楽浄土があったり、別の宗教では輪廻転生があったり、無になるという様々な考え方があります。

死に対する考え方は、年代によって変わってくるみたいで、親がもう亡くなっている人は「あの世で死んだ両親に会いたい」と言う人がいたり、年を重ねるにつき変わってくるそうです。






まとめ

死の体験旅行は自分を見つめなおす良いきっかけになりそうです。自宅でも出来そうなので、何かに迷いがある人は、「本当に自分の大切なもの・ひと・こと」を見つめなおすきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

コメント

  • 死の体験旅行の詳細をレポートした

    by miokawai1210 €2015-05-09 22:07

  • I came, I read this article, I coreneuqd.

    by Okan €2015-06-19 14:30

down

コメントする




Clue
不登校生と親×元不登校生とカウンセラーのマッチングサイト
元不登校生のインタビューサイトLoad