New way of life

【Mac初心者】今さら聞けないマイファイルとゴミ箱についてのまとめ

time 2015/03/17

【Mac初心者】今さら聞けないマイファイルとゴミ箱についてのまとめ

Macを使用していて、「あれ?これどうやるの?」っていう簡単なことに時間がかかってしまいます。また普通の人からしたら、当たり前なことを知らないでミスをして、また時間がかかるの繰り返し。
やらかしてしまった疑問から、上級者の人に聞いてまとめてみました。

マイファイル

写真を整理しようと思いマイファイルの中に「新規フォルダ」を作ろうとしました。
マイファイルの中にはフォルダは作れません。

「よし!マイファイルにフォルダが作れないなら、別のところにフォルダを作ろう!」とフォルダを作り、マイファイルに入ってる写真を消去しました。「いや〜綺麗になったな」とフォルダの写真を見てみると……
あれれ……写真がない!!

マイファイルの写真を削除してしまうと、別フォルダの写真も消えてしまいます……
マイファイル=最近触ったファイルが更新順に出てくるという認識

ゴミ箱

Mac-trash-box
消した写真もゴミ箱に残ってるから、まだ大丈夫です!
「あれ?でもどうやって戻すの?そんなボタンないし、わかりずらい……」
ゴミ箱を開いて、該当するファイルを右クリックして「戻す」
Windowsなら何だかそんな操作は、人に聞かなくても出来たのに……
「よし!じゃあ右クリックするか!」
あれれ……出来ない……
そんな人は二本指でタップしてみましょう。
また、ショートカットキーでは「⌘+delete」で元に戻すことができます。
こちらの方が早いですね!

さて、大量のファイルや写真を削除した場合は戻せるのでしょうか?
全てを選択して、二本指でタップ!
……ん?戻すが出てこない

ちょっと上級者編〜大量ファイルを戻す方法〜

  1. Spotlightを表示
    SpotlightはMacの超便利機能で何でも検索することが出来ます。
    こちらのショートカットキーは「Control+スペース」です。
  2. SpotlightでScript Editorを検索
    Script Editorとはプログラミング言語のコーディングに特化したテキストエディタです。
  3. Script Editor を起動
    クリックすると下記の画面が表示されます。
    Script Editor
  4. ここに下記のコードをコピペして貼り付けます。
    repeat 5 times
    tell application “Finder”
    close windows
    if items of trash is {} then return
    open trash
    activate
    end tell
    tell application “System Events”
    key code 125 — down arrow
    key code 51 using command down — command-delete
    end tell
    delay 0.2
    end repeat
  5. 戻すファイル数を決める
    repeat 5 timesの数字でファイル数を変更できます。
  6. プレイマークを押すだけ





聞いたり調べるだけじゃ覚えられない

10年位前にMacを使用していた時も、全然使いこなせてはなかったけど、もう少しましだったと思います。
しかし、何かトラブルがあるとインターネットでぐぐったら何でも調べられる時代。
その場で解決して終わるので、全然身につかないのです。
インプットしたら必ずアウトプットをし、これを何度も繰り返していくしかないんですね……。

コメント

  • To think, I was cofsuned a minute ago.

    by Neia €2015-06-20 19:33

down

コメントする




Clue
不登校生と親×元不登校生とカウンセラーのマッチングサイト
元不登校生のインタビューサイトLoad