New way of life

R-SICに参加 Session8日本の教育 モデレーターと登壇者について

time 2017/02/25

R-SICに参加 Session8日本の教育 モデレーターと登壇者について





goma(@gomachan1210m)です。

毎年2次審査で落ちる社会事業に特化したソーシャルカンファレンス「R-SIC」。

2次に毎年落ちてしまう原因は、熱く語れないというところにあると思うんですが、その一つに当事者(現不登校生)との接点があまり持てていないからだと感じています。

そんな反省は元より、Session8日本の教育「未来の学び舎はどこにある?〜フリースクール、オンライン授業が変えて行く学校の既成概念〜」に参加しました。

モデレーターの津田大介さん

モデレーター(司会者)はジャーナリスト/メディア・アクティビストの津田大介さん。津田大介さんは昨年のR-SICに参加した時たまたまスタディーツアーでご一緒しました。

津田さんと言えば今やジャーナリストとして活躍されていらっしゃいますが、私は前職の会社がメディアのライターだったので、ナタリーの印象が強く残っています。

前の会社の社長に、メディアに携わる者として必ず読んでおくようにと言われた書籍がこちらです。

正直、社会起業家の人たちをそんなに知らなかったので、昨年参加した時に唯一知っていた著名人が津田さんでした。

本の中に登場されている方にお会い出来たので興奮冷めやまぬ感じでした。

そんな津田さんがモデレーターのこのSessionがたまたま1番参加したいやつでした。

登壇者の大阪府立箕面高等学校 日野田直彦さん

そして、登壇者には大阪府立箕面高等学校の日野田直彦さんがいらっしゃっていました。

大阪府立箕面高等学校と言えば、前に少しボランティアで携わっていた「eboard [いーぼーど]」の代表である中村さんが面白い高校があると話していた記憶がリンクしました。

eboardはICTにいち早くを目をつけていてネットで無料学習が出来るサイトです。

私がeboardに携わった理由

話が飛び飛びで申し訳ないんですが、私がeboardに注目したのは不登校生だったので、無料で自宅学習が出来るなんてなんて画期的なんだと感動したからです。

因みにeboardの立ち上げメンバーも元不登校生だったりします。5年間不登校 先生が居場所を作ってくれた【前編】

eboardは本当に良いサービスだと思いますが、果たして私が不登校時代にeboardで自宅学習をしたかを考えた時に、正直出来る状況ではなかったと感じました。

勉強よりもまずは心の問題。それを感じたので今の会社を起ち上げるきっかけの一つになりました。

懇親会で日野田直彦さんとお話する機会があり、日野田直彦は心理学を専攻されていたみたいで、不登校生向けにそのような学校を作りたいとおっしゃっていました。

この方が学校を作られたら出る幕はないですが…(笑)まぁ、それはそれで時代の変化ということで、ありがたいことだなと思います。

これからの高校は東のN高等学校、西の大阪府立箕面高等学校に注目しています。

後は言うまでもなく最早ネットでの勉強として1番有名な「スタディサプリ」株式会社リクルートマーケティングパートナーズの代表山口文洋さん。

お恥ずかしながら初めて知った国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチの代表土井香苗さんが登壇者でした。

長くなってのでまた次回。






コメント

  • 社会事業に特化したソーシャルカンファレンス「R-SIC」に参加。日本の教育「未来の学び舎はどこにある?」津田大介さん大阪府立箕面高等学校の日野田直彦さんについて。

    by miokawai1210 €2017-02-25 09:43

down

コメントする




Clue
不登校生と親×元不登校生とカウンセラーのマッチングサイト
元不登校生のインタビューサイトLoad