New way of life

タクシードライバーは高収入?年収600万円以上も充分稼げる!

time 2017/07/14

タクシードライバーは高収入?年収600万円以上も充分稼げる!





goma(@gomachan1210m)です。

一般住宅などに旅行者を有料で泊める民泊仲介サイト「AirBnB」など、シェアリングエコノミーは業界は未だ急成長している。

それとは裏腹に、シェアリングエコノミーの走りと言っても良い車の配車サービス「UBER(ウーバー)」は、日本ではいまいち普及が遅れている印象がある。

そんな中、2017年1月30日に東京都のタクシー初乗り運賃が730円から410円に値下がりするなど、タクシー業界がの変化を感じる。

タクシーを乗ることの印象の変化

今まではタクシーを乗ると無駄に贅沢をしてしまったという気分になり割と自己嫌悪に陥っていた。

私のようにタクシーを乗ることに対して、抵抗感を感じる人もいるのではないだろうか。

しかし、タクシーの利用運賃が値下がりしてから、実際に利用してみて、こんなに安いなら乗ってもいいかと思うようになり考え方が変わった。

今後は重い荷物を運ぶ時のちょっとした距離などは、女性やお年寄りは積極的に活用した方が良いだろうという印象を受けた。

タクシー業界のイメージの変化

一昔前までタクシードライバーといえば、やや柄の悪い雰囲気のおじさんが運転手をしているという印象だった。

「美人すぎるタクシードライバー」の生田佳那(いくたかな)さんが話題になったりと、業界全体の雰囲気が変わってきているように感じる。

美人すぎなくても女性のタクシードライバーは増えてきているようで、利用したタクシーも女性がドライバーだった。

タクシーをよく利用する人も女性のタクシードライバーが本当に増えてきていると言っていた。

タクシードライバーは高収入?!収入の変化

やや柄の悪い雰囲気のおじさんがタクシードライバーという印象以外にも、タクシー運転手はあまり稼げないというイメージがある。

女性でタクシードライバーという職業を選択するのは、余程の運転好きや車好きという印象がある。

しかし、こんなにも女性ドライバーが増えているのは、車や運転が好きな人が増えたという理由ではないだろう。

実はタクシードライバーはやり方によってはかなり稼げるみたいで、年収600万円も夢ではなく、中には年収1000万以上も稼ぐ人がいるらしい。

タクシー求人サイト「タクQ」では1分の入力でタクシードライバーのエントリーが出来る。

因みに女性から人気の高い一般職の年収は、30代女性でも平均約300万円で、更に言ってしまうと上る見込みは皆無だ。

また、年収600万円以上稼げるのは全体のビジネスパーソンの5%と言われている。

タクシードライバーの年収は平均すると年収400万円のようだが、それでも一般職よりは高く、女性にとっては遥かに夢のある職業なのではないかと思う。

そう考えると女性のタクシードライバーも増えていることに納得出来た。

煩わしい人間関係からの解放

一般職を希望する人は未だに多く、高学歴女子からも人気が高いと言われている。知り合いの某国立大学を出た子も、他にも就職先があるのに一般職を希望していた。

そんな高学歴女子がこぞって応募するくらい人気が高いのにも関わらず一般職は稼げない。

それでも人気が高いのは責任が薄く、定時で帰れるということが彼女たちを魅了しているのかもしれない。

ただその分、人間関係の悩みを抱えているのは一般職の人は多い。

その知り合いは、面接の時に「社内の人間関係で争い事が起きたらどう対応するか」という質問をされていた。

一般職は女性が集中しやすいので、女子特有の派閥やしがらみがあって大変なようだ。

それに比べて、煩わしい人間関係や上下関係がないのがタクシードライバー。

人間の悩みの殆どは人間関係と言われているので、遥かに魅力的だ。

今後も女性の転職や就職が増えていく気がする。

選ぶタクシー会社が重要

どのタクシー会社でも高収入が見込めるか言えばそうでもない。

タクシー求人「東京都」おすすめの会社では東京都のタクシー会社10選を比較出来るサイトなので活用したいところだ。

高齢化社会によるお年寄りのタクシー利用は元より、2020年にはオリンピックが開催されるので外国人観光客が増えているので利用も増える。

一時低迷していたタクシー業界だが、タクシー利用者はこれからどんどん伸びていくし、稼ぎ時・転職し時なのではないだろうか。






down

コメントする




Clue
不登校生と親×元不登校生とカウンセラーのマッチングサイト
元不登校生のインタビューサイトLoad